情報

ガスコンロとIHどっちがお得??

最近ではガスコンロに代わってIHクッキングヒーターを採用している家庭も増えてきました。

昔からガスコンロを使っている方の中にはIHを苦手だと感じたり、光熱費が気になったりする方も多いようです。

しかし、ガスコンロとIHにはどんな特徴があるのか、しっかり把握出来ているでしょうか?

今回はガスコンロとIHの違いやそれぞれのメリット、デメリットについてお話していきます。

 

 

ガスコンロについて

ガスコンロは強い火力や、調理器具を選ばず使用できるのが魅力だと考える人が多いようですね。

美味しそうな焦げ目をつけたり、ムラなく全体を加熱調理するにはガスコンロのほうが向いているため、特に料理好きの方には人気です。

プロのシェフさながらに豪快に中華鍋をふったり、ワインを使ってフランペをしたりするのも料理の楽しみの一つですが、
これらはガスコンロでなければ出来ません。

火を使うため子供や高齢者がいる場合には火事ややけどの危険があるという意見もありますが、火を使う怖さ、正しい火の使い方を学ぶには、
火が目に見えるガスコンロのほうが良いという考え方もありますので、一概にどちらが良いとは言えません。

最近はセンサーで火が自動的に消える機能を備えた製品も増えていますので、必ずしもガスコンロは危険とは言えないかもしれません。

掃除が大変という点もデメリットに挙げられることが多いガスコンロ。確かに五徳を取り外して洗ったり、
デコボコしたコンロを洗うのは面倒だと感じる人も多いでしょう。

料金に関しては、ガスはどの時間帯に使っても料金が変わらないため、時間を気にする必要が無いという点がメリットとして挙げられます。

ガス料金は都市ガスかプロパンガス(LPガス)かによって異なります。

一般的なガス料金の目安としては 都市ガス<プロパンガス となり、通常は都市ガスの方が経済的と言えるでしょう。

 

 

IHについて

近年ではIHクッキングヒーターを導入する家庭が非常に多くなっています。

IHがあるだけで「最新のキッチン」という感じがしますよね。おしゃれな外観に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

IHの大きなメリットは安全性が高い事でしょう。火を使用しないため、何かに燃え移って火災が発生したり、
大きなやけどを負ってしまう危険はガスコンロより少ないでしょう。

そして、手入れが楽な点も人気の秘密です。IHは平らですので、布巾でサッと拭くだけでキレイに出来る簡易さは
一人暮らしの方にも主婦の方にも大きな魅力でしょう。

また、平らであるため、加熱調理をしない時に作業スペースや、何かを置くスペースとして使用できるというメリットもあります。

IHには他にも熱がこもらないので調理中も暑くない、鍋やフライパンの外側が焦げ付かないといった特徴があります。

火力があまり強くない、火加減が見えないため調節が難しい、という理由でIHを敬遠する方も多いようですが、
その点に関してはあまり心配することは無いでしょう。

ガスコンロと比較するとIHは火力が弱いというイメージがありますが、最近のIHは家庭の一般的なガスコンロよりも強い火力を出すことが出来ます。
お湯を沸かしたり、油を温めたりするスピードは実際にはIHの方が早いんですよ。

火加減の調節も慣れてしまえば問題ありません。ボタン一つで正確に火力をコントロールできますので、むしろガスコンロよりも簡単と言えるでしょう。

IHは電気代が気になるという方も多いようですが、実際はどうなのでしょうか。

電気代は電力会社のプランによって、時間帯によって電気代が変わる場合があります。

夜間から明け方にかけては電気代がお得になるプランもありますので、使用する時間帯に気を付ければ電気代を節約することは十分可能です。

また、電力自由化に伴い登場した割安な電力会社に乗り換えることでも電気代を抑えることが出来ます。

他にも、IHのパネル部分にピッタリ接着する平らな調理機器を使って熱伝導を良くする、
圧力鍋などを上手く使用して短時間で調理するといった方法でも電気代を抑えることが出来ます。

これらの点に気を付ければ、IHの方が光熱費を抑える事が出来るでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

料理に強いこだわりを持つ人にはガスコンロ、便利さや快適さを重視する人にはIHが支持される傾向があるようですね。

ガスコンロ、IH,それぞれに優れた点があります。

どちらが良いか、どちらがお得かは使う人が優先するポイントや、使い方によって異なってきますので一概には言えません。

ガスコンロは危険、IHは火力が弱いなどのイメージを持っている人もいると思いますが、
最近はこれらのデメリットを解消する高性能な製品が多数登場しています。

IHは苦手で敬遠している方も、一度使ってみたらその魅力にはまってしまうかもしれませんよ。